毎月貯金できない人の原因とすぐに始められる対策を紹介

モノの価値を理解する

 

佐野くん

2017年に社会人となって、お金を継続的に貯金してから3年が経ちましたがあまり意識をしないでも毎月8万円を貯金できています。

  • 金融資産:200万
  • 投資歴:3年目
悩める犬
  • 毎月貯金をするための方法を知りたい
  • できるだけ無理をしない方法を知りたい

この記事は、貯金をしたい人のために貯金の弊害となっている原因と対策を紹介する記事になります。

 

これから紹介する対策を実践できれば、モノを購入する上の合理性を高めることができます。

 

貯金ができない原因にはいくつかパターンがあると思うので『原因』→『対策』の順で解説していきます。

 

この記事を読むことで、『モノを買うときの考え方・市場価値の把握・使っているモノやサービスの取捨選択』ができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

出費が増えてしまう原因

貯金の弊害となっている原因について考えてみましょう。

 

私は貯金の妨げになっているのは、以下の4つのことだと考えています。

出費の原因

  1. 欲しいものをすぐに買ってしまう
  2. 都市部で遊ぶ
  3. 質の高いものにこだわる
  4. モノの市場価値への理解不足

 

これらの4つの原因に対する対策によって、『過剰な出費を減らし生活の最適化する方法』を解説していきます。

貯金ができない原因①:欲しいものをすぐ買ってしまう

 

この行動の根本的な問題は、自分に必要なのか不必要なのか見極められていないことです

 

見極めができないと、デザインが違っても同じ機能を持ったモノを買うことになります。

 

そのため、余分なものを買わないようにする考え方を身につける必要があります。

 

貯金をしやすくする対策①:必要なものを買うための考え方

余分なものを買わないようにするため、『モノを買うルール』を作りましょう。

 

ルールを作ることで、プロセスに従ってモノを買うことができるので『真に必要なモノだけ購入』することになります。

 

具体的な方法としては、以下のステップで購入するかどうか考えていきます。

step
1
モノの利用目的をいくつかあげる

このステップで明確にしたいのは、『何に使うの?』という目的をはっきりさせます。

 

利用目的をいくつかあげる理由は、自分にとってベネフィットが沢山あれば費用対効果を高めることにつながります。

 

ここで利用目的が見つからない、または1つしかない場合、『購入しない』という判断が懸命です。

 

step
2
代わりになるモノがないか想像する

このステップでは、家のモノと重複しないかどうかのチェックになります。

 

チェック観点としては、ステップ1であげた『ベネフィットを実現するものがないかどうか』をチェックしてください。

 

全て該当した場合は、『購入しない』という判断が懸命です。

 

このように、『自分の利益にならないモノ、重複するモノ』は絶対に買わないようにしましょう。

 

貯金ができない原因②:都市部で遊ぶ

 

都市部で遊ぶことを考えると、ショッピング、コーヒーショップ、居酒屋、カラオケなど常にお金が付き纏います。

 

都市部はお金が出ていく場所』であるということを、改めて認識をしておきましょう。

 

この認識した上で、やれることは『都市部に行かないこと』です。

 

では、都市部に行く回数を減らすために必要なことを解説していきます。

 

貯金をしやすくする対策②:趣味について考える

都市部に行かないメカニズムを作るためには、自宅にいる時間を多くすることです。

 

具体的には、読書、ゲーム、筋トレ、ランニングなど家や地域で時間を費やすことです。

 

これによって、『お金が出ていきやすい都市部に費やす時間を物理的に削減』できます。

 

貯金ができない原因③:質の高いモノにこだわる

質の高いモノとは、自身の理解できる範囲を超えているモノを示します。

 

具体的には、100%使い切れていないモノがその対象になります。

 

100%使い切れないことが悪い理由は、モノに対して余分な支払いをしてるからです。

 

この認識を持った上で現在、自分が使っているモノ・サービスについて見直していきましょう。

 

貯金をしやすくする対策③:効果があるモノだけ利用

余分な支払いをしないため、効果のあるモノを使っていきましょう。

 

効果のあるモノを残すには、明らかに効果がないモノがないか考えていきます。

 

具体的には、以下のモノをやめるだけでも効果が出ます。

  • 目に見えて効果が見えにくいサプリメントなど
  • 効果のないサブスクリプションサービス

 

また、着なくなった洋服や化粧品などはメルカリで売ってしまいましょう。

 

貯金ができない原因④:モノに対する市場価値の理解

 

モノに対する市場価値の理解が不足していると、割高で商品を買ってしまうことになります。

 

フリマアプリでカップ焼きそばを500円で売っていて、それを購入してる人を見ると滑稽でしかありません。

 

このようなことに陥らないために、しっかりとモノの価値を見定める力をつけましょう。

 

貯金をしやすくする対策④:比較サイトでチェック

モノの価値を見定める力は、比較サイトでチェックすると相場をチェックできます。

 

相場をチェックできますが、モノを買うたびにやる必要はありません。

 

比較サイトを使う商品は、自分で決めると良いです。

佐野くんの場合は、以下の商品はチェックしています。

  • ECサイトで購入するモノ全て
  • 家電製品

洋服や靴、食品は、足を運んで購入しています。

 

収入を守る道具

それは、日頃消費によって得られる『ポイント』です。

 

使えるポイントは積極的に使っていくことで支出を減らすことにつながります。

 

特に、『楽天』と『ポイントサイト』を併用して活用すると得られるポイントが高くなります。

 

ポイントサイトから楽天市場で商品を購入すると、購入した商品の1%がポイントサイトのポイントになります。

もちろん、楽天でのポイントも付与されるので、ポイントの二重取りができます。

 

これを機に、楽天とポイントサイトを活用してみてください。

楽天カードへの申し込みサイトはこちら

ポイントサイト『moppy』への登録はこちら

 

貯金を妨げる問題を取り除く方法はわかりましたか?

今回は、貯金を妨げる原因と対策について解説していきました。

 

以下のことを実践して、『生活の最適化』を目指していきましょう。

ポイント

  1. 自分に利益のあるモノ、重複していないモノを購入する
  2. 自宅・地域で出来ることを探して、都市部に行かないようにする
  3. 効果の出ないモノ・サービスは今後利用しない
  4. 価格比較サイトを活用して、モノの価値を把握する
  5. 支出しない代わりにポイントを消費する

5つのことができれば、確実に貯金をすることができます。

 

また貯金をするなら、まずは1割を目安に目指していきましょう。

 

理由については、以下の記事に書いてあるので、興味があれば読んでみてください。

投資と貯金の割合がわかる
貯金と投資の割合の計算方法を2ステップで紹介

続きを見る

 

-貯金を増やしたい
-

© 2020 SANO BLOG