安定運用ができる「トライオートFX・EUR/GBP」設定とは?

トライオートFX・EUR/GBPの安全運用できる設定
佐野くん

トライオートFXで安全運用させる設定ってどうしたらいいかわからないですよね。

そんな設定を迷わずにできる方法を紹介します。

今回は、真似をするだけで誰でも簡単にトライオートFXの設定ができる手順を紹介します。

まず、トライオートFX・ETFを提供しているインヴァスト証券について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

オススメ
表紙_ETFの空売りができるインヴァスト証券について解説
インヴァスト証券について

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

EUR/GBPの特徴

EUR/GBPのペアは、2016年の後半から今に至るまで一定の価格帯を推移しています。(画像)

EURGBPのチャート

 

この状態をまさしくレンジ相場と捉えられるため、売りと買いをハーフにしていきます。

 

レンジを下振れた場合は、無限ナンピン戦略を取り入れていきます。

ナンピンをしているときは、エントリー数を減らして、数量を大きく入れていきます。

 

設定手順

設定手順は、「認定ビルダー」と「佐野オリジナル」の2つに説明します。

 

認定ビルダーを使う場合

「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」を使いましょう。

推奨証拠金は¥137,951~¥1,103,608円です。※資金に応じて変えましょう。

設定手順は、下記の通りです。

 

step
1
インヴァスト証券にログインする

step
2
サイドバーにある「セレクト」を選択する

step
3
上部のメニューバー「スペシャル」を選択する

step
4
「認定ビルダー」を選択し、「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」のカートを追加するを選択する

step
5
資金に応じたセット数を決める

step
6
サイドバーの「カート」を選択し、「注文を確定する」を選択

 

佐野の設定

これからはオリジナルの設定になります。

証拠金は50万円になります。

設定値は以下の通りです。

設定パラメータ

  1. 「売買:売」「数量:0.1」「本数:20」「レンジ幅:520」「利確幅:30」「カウンター値:30」「スタート価格:0.88176」
  2. 「売買:買」「数量:0.1」「本数:20」「レンジ幅:570」「利確幅:30」「カウンター値:-30」「スタート価格:0.88176」
  3. 「売買:買」「数量:0.3」「本数:20」「レンジ幅:1200」「利確幅:60」「カウンター値:-100」「スタート価格:0.82776」

 

それでは、上記を設定する手順の紹介します。

step
1
サイドバーの「ビルダー」を選択

step
2
「FXで作る」を選択

step
3
「マルチカスタム」を選択する

step
4
「EUR/GBP」を選択

step
5
売買「売」,レンジ幅「520pips」,本数「20本」,数量「0.1」,スタート価格「0.88176」,利確幅「30pips」,カウンター値「30」と入力

step
6
「ロジック追加」を選択

step
7
上記の設定2,3を同じように入力

step
8
シミュレーションをして、「今すぐ稼働」を選択します

これで設定は完了です。

続いては、今設定した設定のシミュレーション結果になります。

 

シミュレーション結果

今回のシミュレーションをした結果、「期間収益:¥312,471」「推奨証拠金:約50万円」なので2年間の稼働で元金を回収できます。

実現損益が上昇しており評価損益が0になる点が多数存在しているため、ロスカットになりにくく利益を安定して生み出してくれることが予想できます。

0になる点が多ければ多いほどいつでもやめられるということなので、資金が必要になったときに停止するなど柔軟性が効きます。

50万円ない人は、本数を10本ずつにすることで25万円で稼働できますので自身の資金と相談してください。

シミュレーション結果

 

実績

実績ですが、現在は資金不足のため稼働できていません。

 

50万円貯めたら稼働させたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

設定方法に悩んでいる方は、「認定ビルダー」もしくは「佐野オリジナル」の設定を使えば、簡単に設定できます。

 

ぜひ「トライオートFX」をお試しください。

 

トライオートFX

 

自動売買の商品の選び方を下記の記事で紹介しています。

オススメ
表紙_トライオートFX・ETF_認定ビルダーで安全運用を実現する
トライオートETF・FXで安全運用できる認定ビルダーを紹介

続きを見る

-トライオートETF, トライオートFX
-,

© 2021 SANO BLOG