【初心者向け】トライオートFXで利益が出やすいおすすめの設定とリスクは?

表紙_初心者のための設定方法

 

お友達の犬

初心者でも稼ぎやすいトライオートFXの設定教えて!

 

さのぽよ

もちろん!私も最近、稼働させたからその時の考え方を紹介するね!

 

どーも、さのぽよ(@sano32545300)です。

今回の記事は、トライオートFXを初めてやる方に向けた記事になります。

ペアやトレード戦略の選び方など私が稼働させるまでに何に注意したのか解説します。

また、リスクマネジメントをすることで安全な取引を目指せる方法についても解説しています。

今回の記事を読むことで、トライオートFXを始められる方が増えたら幸いです。

 

今なら、100万円入金で5万通貨取引をすると10,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーン中ですので、まだ口座開設していない方は是非始めてみてください。

トライオートFXの口座をいますぐ開設する

 

トライオートFXとは

トライオートFXとは、買いと売りの注文をあらかじめ設定しておくことで、自動で売買するサービスです。

 

また、インヴァスト証券が認めた認定者の設定を使えることも魅力とも言えます。

 

トライオートFXを運営しているインヴァスト証券についてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事を確認してください。

オススメ
表紙_トライオートFX・ETF_認定ビルダーで安全運用を実現する
認定ビルダーの選定基準

続きを見る

 

トライオートFXの利益が出やすい設定は?

さて、トライオートFXですが、自動でやるからには安定した利益が出ないと意味がありません。

私がこれまで勉強した中で、利益の出る設定は2つのポイントでまとめられます。

利益が出やすい設定の基準

  • 変動率の高いペア
  • レンジを活用したコア戦略

変動率の高いペア

1つ目の考え方は、利益率にも関わってきます。

変動率が低いペアだとエントリーされたとしても、価格の変動が低く利益確定がされないなんてことも起きます。

そのため、変動率の高いペアを選択する必要があります。

 

レンジを活用したコア戦略

2つ目の考え方は、より利益を獲得するための考え方になります。

FXは、基本の上昇を目指す株式と違い、ある範囲を推移するレンジ相場とも言われています。

 

レンジ相場におけるコア戦略とは、レンジの上半分を売り、下半分を買いのエントリーにした設定になります。

範囲を決めて、エントリーを集中させることでリターンを大きくすることにつながります。

 

おすすめの設定「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」

トライオートFXにおいておすすめの設定は、認定ビルダーの「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」です。

 

EUR/GBPは世界で最も取引の多い市場のため、変動性が他の市場とは違って高くなる傾向にあります。

また、コアレンジャーというのは前章で解説したコア戦略に基づいたエントリーをしています。

 

このことから、私は「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」を実際に稼働させています。

今後、運用報告をさせていただきます。

トライオートFXの口座をいますぐ開設する

おすすめの設定のリスクは?

「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」におけるリスクはなんでしょうか?

 

それは、コアと呼ばれるレンジから値が抜け出すことになります。

具体的には、下記の画像のように赤い色で塗られた範囲に価格がいくことで、下に突き抜けた場合は買いのエントリーの含み損が広がっていきます。

そして、永遠に下がり続けた場合にはロスカットの危機に直面することになります。

レンジ相場から抜ける場合

 

リスクを回避する方法は?

「攻めの低資金コアレンジャー_ユーロ/英ポンド」やその他のロスカットを回避するためには、必要資金の2倍になるように証拠金を用意することです。

このサービスで推奨される証拠金は大体1.5倍ぐらいなのですが、より安全性を高めるために2倍を目安にすると良いです。

 

実際に設定をするときには、下記の画像のように数量の変更をすることができます。

デフォルトの数量は8で112万円が推奨証拠金になります。

この数量を半分にすれば推奨証拠金も半分になるので、自分の資金量に合わせて変更しロスカットされにくい設定を作りましょう。

数量変更

リスクを活用したハイブリッド戦略

ここまでの説明でレンジ外に出た時のリスクとその回避方法を説明しました。

 

ここからは下のレンジを抜けた時を想定して、より利益を取る戦略をお伝えします。

この戦略は、買いのエントリーを積み重ねる無限ナンピン戦略で、EUR/GBPのレンジを下抜けた時に一定の間隔で買いをエントリーしていきます。

 

下のEUR/GBPのチャートを見てください。

過去にも何度かレンジ(注文のない赤い領域)を下抜けたことがありますが、どちらもレンジ内に戻ってきていることがわかります。

レンジ相場から抜ける場合

このことから、下抜けた場合に無限ナンピンでエントリーを仕掛けることでコアとは別の考え方で利益を獲得することができます。

 

ただ、これをやる際には資金管理が大切になります。

私の場合は50万円の資金を下に認定ビルダーの設定を動かしていますが、その際に数量を4ついけるところを3つにすることで資金を作っています。

 

証拠金率が下がり続けても100%以下にならないようにエントリー数を注意してナンピン間隔を調整しましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、「【初心者向け】トライオートFXで利益が出やすいおすすめの設定とリスクは?」について解説しました。

 

初めてトライオートFXを始めたい方は、認定ビルダーの力を使って運用してみましょう。

また、リスクをしっかり考えて稼働させましょう。

トライオートFXの口座をいますぐ開設する

 

▼稼働までの設定手順がわからない人に向けた記事です。

オススメ
表紙_ロスカットされない設定
稼働させるまでの設定手順

続きを見る

-トライオートETF
-,

© 2021 SANO BLOG