おすすめの証券口座、投資歴6年目が初心者のために選んだ基準を教えます。

みなさん、お元気ですか?

私は社会人になってから投資を始めて、
投資を始める上で、最初に悩んだのが証券口座をどこで開設するかです。

正直、どこの証券会社が良いのか。多すぎてわからない人も多いのではないでしょうか?

この記事は、私が証券口座の開設の決め手となったポイントに絞って解説をしていきます。
なお、私が使っている証券口座はマネックス証券楽天証券になります。

なぜ、この2つを開設しているのかも併せて、お伝えします。

お読みになる前に、下記のクリックをお願いします!
ランキングに掲載されて励みになります!!!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

マネックス証券の口座をいますぐ開設

楽天証券の口座をいますぐ開設

 

証券口座とは?

証券口座とは、企業が発行する株式を売買したり、FX、NISA、ideco、ロボアドなど様々な投資サービスにコネクトするために必要な口座です。

みなさんが余剰に余ったお金を使って投資をするために必ず必要になります。

投資を始めたいと考えている人は、これを機に口座開設をしてみてください。

 

証券口座を選ぶポイント

私が証券口座を選ぶ上で決め手になった要素は、銘柄数と利便性です。

銘柄数を判断にしている理由は、いざ投資をしたい銘柄を見つけた時に投資ができないことを極力防ぐためです。
防ぐというより、そういった事象に遭遇する確率を下げるためといった方が良いかもしれませんね。

また、利便性という点では、ツールやサービスの充実さとその他サービスとの連携です。
最近では、集めたポイントを投資に使えるといったサービスもあるので、自分の生活との結びつきも考慮に入れると良いですね。

証券口座を選ぶ際に、よく手数料などを気にする人がいますが、私は正直どこも変わらない思っています。
特に私は少額から始めたので手数料も他の証券会社とほとんど変わりませんでした。

以上のことから、私は銘柄数と利便性を兼ね備えた証券会社を選ぶようにしています。

実際に開設した証券口座

私が実際に開設した証券口座は冒頭にありますように、マネックス証券と楽天証券です。

これから、この2つを選んだ理由を紹介していきます。

マネックス証券

マネックス証券を選んだ理由は、銘柄数と利便性です。

マネックス証券は、国内外で取り扱っている個別銘柄の数が1万を超えています。
次に来るのがSBI証券となっています。
参考:https://kabutan.jp/hikaku/toriatsukai.html

ただし、マネックス証券で海外の銘柄を買う際、日本時間14時までに資金を移動させる申請をしなければ、その日の米国開場時に購入できないなどシビアな一面があります。
私の場合、海外の投資はグロース株投資で長期的な保有を目的としていることから、そのシビアな一面は小さな事象で問題ではありません。

また、利便性の観点では2つほど私が好きなポイントがあります。

1つはマネックス証券の口座を開設していれば、日本株を単元株未満から買うことができるferciも利用できること。
余剰資金があったときに日本株の高配当株に積立ができるので便利です。

2つ目に銘柄スカウターと呼ばれるツールがすごく便利で日本、米国の銘柄に対して、事業や決算などを情報開示がものすごく膨大です。
決算は速報で公開され、スピード感を持って情報を仕入れることができます。

楽天証券

楽天証券は、完全に利便性です。

私は楽天市場で買い物をすることが多くその買い物で溜まったポイントを投資信託に積立しています。
他には余剰資金で海外ETFの積立をするために利用しています。

海外ETFの積立を楽天証券でしている理由は、マネックス証券との使い分けのためです。
口座管理や目的に応じて口座を使い分け、どこに何の資産があるのか分かりやすくするのは大事だと思います。

実際に、マネックス証券では米国グロース株と日本高配当株を買っています。
楽天証券では海外ETFと投資信託を買うなど使い分けをしています。

また、楽天証券は楽天銀行と連携することができ、開場中なら米国、国内の株式を即日購入することができるなど、マネックス証券にはないメリットがあります。

このように、証券口座は各口座で利便性など特徴があることから、複数の口座を持ってデメリットを補うように使っていくと管理がうまくできます。

いざ、証券口座の開設へ

私の証券口座を開設する決め手になったことはわかったでしょうか?

証券口座は正直な話、どこでも良いと言いたいです(笑
しかし、海外の口座は口座維持料という手数料を取る証券会社もあるので、初心者は避けるべきでしょう。

まず開設するなら国内の証券会社で開設するのがおすすめです!

ぜひ、下記のURLから開設してみてください。

マネックス証券の口座をいますぐ開設

楽天証券の口座をいますぐ開設

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、私が証券口座を選んだポイントについて解説しました。

みなさんが投資として何をしたいのか。
それに合う証券口座を開設するのが一番良いと思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

それでは。

マネックス証券の口座をいますぐ開設

楽天証券の口座をいますぐ開設

 

米国株・ ETF

2022/6/29

オープンドア・テクノロジーズ(OPEN)の株価がFY22Q1の決算発表後に下落。今後の見通しと割安感は?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、オープンドア・テクノロジーズの今後についてまとめた記事になります。 事業の内容、決算、収益性、業界の動向からマーケットの状況、競合他社や株価にまつわる指標など様々な情報を活用し、オープンドアテクノロジーズを分析していきます。 今後、オープンドア・テクノロジーズがどのようになるのか知りたい人のためになれば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 オープンドア・テクノロジーズについて1.1 オープンドア・テクノロジーズの事業1.2 オープンドア・テ ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/29

オラクル(ORCL)の株価がFY22Q4の決算を発表後に上昇。今後の見通しと割安感は?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、オラクルの今後についてまとめた記事になります。 事業の内容、決算、収益性、業界の動向からマーケットの状況、競合他社や株価にまつわる指標など様々な情報を活用し、オラクルを分析していきます。 今後、オラクルがどのようになるのか知りたい人のためになれば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 オラクルについて1.1 オラクルの事業1.2 オラクルの決算1.3 収益性について2 業界動向2.1 マーケットの状況2.2 競合他社3 オラクルの今後3.1 ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/14

景気後退やリセッションが買いの合図?米国株を買い始めるタイミングについて

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、金融引き締めによるインフレの抑制を進めている米国経済の中で大打撃を受けているハイテク株が、どのタイミングで上がるのか金利の動きなど市場の情報を元に考えていきます。 これまでは、企業の技術やマーケットの位置付けについて話をしていましたが、それだけで株式市場には太刀打ちできないのでハイテク株に関係するマーケットの動きに関しても度々、触れていくようにします。 この記事は、市場の動向やマーケットの動きなどファンダメンタルの情報をハイテクに寄った形で ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/9

自動運転の発展に必要なシステムを開発する企業は?レベル3以上の達成に必要な技術とは?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、自動運転の発展に必要なシステムを開発する企業になります。比較的に新しい企業になるので、投資をするときは長い目が必要になると思います。 今回、紹介する企業は自動運転を実現するため、車の周りの環境を認識するための技術を開発してる企業になります。 上場して、2年しか経っていない企業でかなり若い企業です。想定している以上に成長には時間がかかると思います。投資する場合には、十分考えてから実行してください。 そのときにみなさんのアイデアの助けになれば、 ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/7

クラウドストライク(CRWD)の株価がFY23Q1の決算を発表後に上昇。今後の注目ポイントは?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、クラウドストライクの決算から事業内容を解説し、今後どのようなポイントを意識するべきかまとめています。 業界の動向などから事業にプラスとなる要素やマイナスになる要素をまとめることで、今後注意すべき出来事を知ることができます。 皆様の企業分析に役立てば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 クラウドストライクの概要2 クラウドストライクの決算2.1 2023年1Q2.2 2023年2Q3 クラウドストライクの事業状況3.1 マーケットの需要予測3 ...

ReadMore

 


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

© 2023 SANO BLOG