【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について

表紙_大型新興国グロース株ETF「VWO」の基本情報と今後

 

テンセント、アリババ、TSMCなど中国や南アフリカなど新興市場に投資できるVWOについて知りたい人のための記事です。

VWOの基本、1か月の価格推移や過去の出来事をアーカイブしています。

また、VWOが今後についての意見を最後にまとめています。

投資をする上での参考にしてください。

 

さのくん

早速、紹介するよ〜

 

スポンサーリンク

VWOとは?

VWOとは、バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF(Vanguard FTSE Emerging Markets ETF) で米国籍のETF(上場投資信託)です。

FTSEエマージング・マーケッツ・インデックスに連動する投資成果を目指しています。

主にブラジル、ロシア、インド、台湾、中国、南アフリカなど、世界中の新興国市場の大型・中型株で時価総額加重を置いた構成になっています。

 

VWOは、新興国やBRICSの国や地域にある銘柄で時価総額の高い企業をまとめたETFです。

 

構成銘柄TOP10

ブルムバーグのサイトで確認すると下記のような順序で構成比率が高いです。

  • テンセント(HK):700(6.32%)
  • アリババ(US):BABA(5.30%)
  • TSMC(ベトナム):2330(4.74%)
  • TSMC(US):TSM(2.19%)
  • Meituan(HK):3690(2.04%)
  • ナスパーズ(南アフリカ):NPN(1.26%)
  • リライアンス・インダストリー(IN):RIL(1.22%)
  • JDドットコム(US):JD(2.0%)
  • バイドゥ(US):BIDU(2.0%)
  • チャイナコンストラクション(HK):939(0.93%)

これらの銘柄でMGVは26.9%を占めています。

今回は、ターゲットが新興国なので地域セクターの割合になりますが、中国・台湾が中心となっています。

時価総額に加重するとそうならざるを得ないですね。

  1. 中国(43.1%)
  2. 台湾(17.4%)
  3. インド(11.1%)
  4. ブラジル(4.9%)
  5. 南アフリカ(4.2%)

他の情報は、こちらで閲覧できます。

 

さのくん

グロース株×中国ETFだと思ってね〜

 

VWOの1ヶ月の動き

 

 

 

3月は、53.85から始まり、52.51と2.5%下落しました。

特に、3/1-3/25にかけて上下を繰り返しながら下落が続きました。

 

BRICSの多くの国ではインフレ率が急上昇したため引き締め政策を実施する国が増えました。

その結果、新興国の株価が下落し、それに伴ってVWOも下落しました。

さらに、もっとも比重の高い中国・台湾の企業は米国金利の急上昇の影響を受けたと考えられます。

特にTSMCは話題の半導体製造を事業にしていますので、影響は大きかったと思います。

 

さのくん

中国+BRICSのダブルパンチ。。。

 

影響を及ぼす出来事まとめ

今回は金利の急上昇、新興国の利上げ合戦を追加しておきました。

これから随時、追加予定していきます。

  • 金利の急上昇で中国の大手が下落(2021.3)
  • 新興国の利上げに伴う下落(2021.3)

 

VWOの今後の動き

VWOは、中国・香港のグロース株に投資されているETFです。

一方で、ヴァンガードのサイトによればリスクポテンシャルが「5」と最も高い水準となっていることからもリスクが高いことが伺えます。

 

投資している銘柄にリスクがあるだけでなく、国の政策として金利を上げたり下げたりを積極的にしています。

このことからもリスクはかなり高く、変動率もかなり高くなるのではないでしょうか。

 

特に注意しなければいけないのは、比重が最も重い中国や香港に対するリスクです。

限定的なリスクではあると思いますが、これからも乱高下は続くかと思います。

 

さのくん

最後に投資する場合の意見です。

投資メモ

世界の人口の80%がBRICSであることから、経済の発展は期待できるがリスクと向き合う必要あり。

そのため長期投資をする上では、他の資産と比べて割合や比重を抑えた投資をする。

 

なお、他のセクターETFの株価推移をまとめた記事があります。

まとめて動きを見たい場合は、こちらを参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について」について紹介しました。

VWOにこれから投資をする人、すでにしてる人にとってためになったのではないでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

▼MGVに投資できる証券会社

・楽天証券

楽天証券


・マネックス証券

マネックス証券

 

▼MGVを構成している銘柄に「1000円から投資」ができる

・paypay証券

PayPay証券

 

▼MGVに大きく寄与している銀行株ETFに「買い」「売り」でエントリーできる

トライオートETF

 

表紙_プログラミングスクールに通うべき理由

スキルアップ

2021/5/11

未経験からエンジニア転職したい人にプログラミングスクールをおすすめする理由をIT企業エンジニアが解説

エンジニアに転職する上でプログラミングスクールに行くべきか悩んでしまいますよね? そんな悩みに対して、現役エンジニアである私がプログラミングスクールに入ることの大切さをまとめました。 この記事はIT未経験の人に向けた記事になります。   さのくん 最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次1 エンジニアの仕事とは2 エンジニアに求められるスキルとは2.1 プログラミングスキル2.2 要件整理3 プログラミングスクールがおすすめの理由4 まとめ エンジニアの仕事とは まずは、エンジニアの仕事を ...

ReadMore

表紙_エポスカード発行するなら「ハピタス」-2

ポイ活

2021/5/7

エポスカードをお得に発行できるポイントサイト「ハピタス」とは?

  エポスカードを発行する際に、できるだけお得に発行したいですよね。 そんな時によく利用されるポイントサイトですが、たくさんサイトがあるため比較するのが大変です。 今回は、様々なポイントサイトを比較した上でお得にエポスカードを発行できる「ハピタス」をご紹介します。 さのくん 具体的な数値で比較してるよ〜   スポンサーリンク 目次1 エポスカードとは2 ポイントサイトとは3 ハピタスとは4 ハピタスがお得な理由5 まとめ エポスカードとは エポスカードは、株式会社丸井のクレジット会社が ...

ReadMore

表紙_投資初心者が読むべき3つの書籍

書籍

2021/5/7

投資初心者が投資を始める前に読むべきおすすめの本を3つ選びました

  投資を始める上でいきなり始めるのって難しいので、書籍を買って読むことから始めると思います。 ただ、世の中にはたくさんの本が出回っており何から読めば良いのかわからないなんてこともあると思います。 そんな人のために、私が投資を始める前に読んだ本、始めてから読んだ本の中から初心者のためになる本を選びました。   さのくん 早速、ご覧ください!   スポンサーリンク   目次1 投資をするまでの流れ2 余剰資金を作る考えを身につける書籍3 商品の種類や特徴がわかる4 商 ...

ReadMore

表紙_トライオートETF

トライオートETF

2021/5/2

【2021年4月】トライオートETFのTQQQを無限ナンピンで自動売買させた運用実績

  トライオートETFって実際どうなのか疑問に思う方もいると思います。 そんなトライオートETFの商品の中でもTQQQを使った商品を身をもって体験した実績を紹介します。 私がトライオートETFを使ってる目的は、資産形成ではなくQOL向上のためです。 稼いだお金は自分のために使いたいと思います。   さのくん 早速、ご覧ください!   スポンサーリンク 目次1 2021年4月の実績2 トライオートETFを始めた理由3 稼働させる商品の基準4 まとめ 2021年4月の実績 早速、 ...

ReadMore

表紙_大型新興国グロース株ETF「VWO」の基本情報と今後

米国株・ ETF

2021/4/14

【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について

  テンセント、アリババ、TSMCなど中国や南アフリカなど新興市場に投資できるVWOについて知りたい人のための記事です。 VWOの基本、1か月の価格推移や過去の出来事をアーカイブしています。 また、VWOが今後についての意見を最後にまとめています。 投資をする上での参考にしてください。   さのくん 早速、紹介するよ〜   スポンサーリンク 目次1 VWOとは?1.1 構成銘柄TOP102 VWOの1ヶ月の動き2.1 影響を及ぼす出来事まとめ3 VWOの今後の動き4 まとめ ...

ReadMore

-米国株・ ETF
-, ,

© 2021 SANO BLOG