【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について

表紙_大型新興国グロース株ETF「VWO」の基本情報と今後

 

テンセント、アリババ、TSMCなど中国や南アフリカなど新興市場に投資できるVWOについて知りたい人のための記事です。

VWOの基本、1か月の価格推移や過去の出来事をアーカイブしています。

また、VWOが今後についての意見を最後にまとめています。

投資をする上での参考にしてください。

 

SANO

早速、紹介するよ〜

 

スポンサーリンク

VWOとは?

VWOとは、バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF(Vanguard FTSE Emerging Markets ETF) で米国籍のETF(上場投資信託)です。

FTSEエマージング・マーケッツ・インデックスに連動する投資成果を目指しています。

主にブラジル、ロシア、インド、台湾、中国、南アフリカなど、世界中の新興国市場の大型・中型株で時価総額加重を置いた構成になっています。

 

VWOは、新興国やBRICSの国や地域にある銘柄で時価総額の高い企業をまとめたETFです。

 

構成銘柄TOP10

ブルムバーグのサイトで確認すると下記のような順序で構成比率が高いです。

  • テンセント(HK):700(6.32%)
  • アリババ(US):BABA(5.30%)
  • TSMC(ベトナム):2330(4.74%)
  • TSMC(US):TSM(2.19%)
  • Meituan(HK):3690(2.04%)
  • ナスパーズ(南アフリカ):NPN(1.26%)
  • リライアンス・インダストリー(IN):RIL(1.22%)
  • JDドットコム(US):JD(2.0%)
  • バイドゥ(US):BIDU(2.0%)
  • チャイナコンストラクション(HK):939(0.93%)

これらの銘柄でMGVは26.9%を占めています。

今回は、ターゲットが新興国なので地域セクターの割合になりますが、中国・台湾が中心となっています。

時価総額に加重するとそうならざるを得ないですね。

  1. 中国(43.1%)
  2. 台湾(17.4%)
  3. インド(11.1%)
  4. ブラジル(4.9%)
  5. 南アフリカ(4.2%)

他の情報は、こちらで閲覧できます。

 

SANO

グロース株×中国ETFだと思ってね〜

 

VWOの1ヶ月の動き

 

 

 

3月は、53.85から始まり、52.51と2.5%下落しました。

特に、3/1-3/25にかけて上下を繰り返しながら下落が続きました。

 

BRICSの多くの国ではインフレ率が急上昇したため引き締め政策を実施する国が増えました。

その結果、新興国の株価が下落し、それに伴ってVWOも下落しました。

さらに、もっとも比重の高い中国・台湾の企業は米国金利の急上昇の影響を受けたと考えられます。

特にTSMCは話題の半導体製造を事業にしていますので、影響は大きかったと思います。

 

SANO

中国+BRICSのダブルパンチ。。。

 

影響を及ぼす出来事まとめ

今回は金利の急上昇、新興国の利上げ合戦を追加しておきました。

これから随時、追加予定していきます。

  • 金利の急上昇で中国の大手が下落(2021.3)
  • 新興国の利上げに伴う下落(2021.3)

 

VWOの今後の動き

VWOは、中国・香港のグロース株に投資されているETFです。

一方で、ヴァンガードのサイトによればリスクポテンシャルが「5」と最も高い水準となっていることからもリスクが高いことが伺えます。

 

投資している銘柄にリスクがあるだけでなく、国の政策として金利を上げたり下げたりを積極的にしています。

このことからもリスクはかなり高く、変動率もかなり高くなるのではないでしょうか。

 

特に注意しなければいけないのは、比重が最も重い中国や香港に対するリスクです。

限定的なリスクではあると思いますが、これからも乱高下は続くかと思います。

 

SANO

最後に投資する場合の意見です。

投資メモ

世界の人口の80%がBRICSであることから、経済の発展は期待できるがリスクと向き合う必要あり。

そのため長期投資をする上では、他の資産と比べて割合や比重を抑えた投資をする。

 

なお、他のセクターETFの株価推移をまとめた記事があります。

まとめて動きを見たい場合は、こちらを参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について」について紹介しました。

VWOにこれから投資をする人、すでにしてる人にとってためになったのではないでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

▼MGVに投資できる証券会社

・楽天証券

楽天証券


・マネックス証券

マネックス証券

 

▼MGVを構成している銘柄に「1000円から投資」ができる

・paypay証券

PayPay証券

 

▼MGVに大きく寄与している銀行株ETFに「買い」「売り」でエントリーできる

トライオートETF

 

米国株・ ETF

2022/6/29

オープンドア・テクノロジーズ(OPEN)の株価がFY22Q1の決算発表後に下落。今後の見通しと割安感は?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、オープンドア・テクノロジーズの今後についてまとめた記事になります。 事業の内容、決算、収益性、業界の動向からマーケットの状況、競合他社や株価にまつわる指標など様々な情報を活用し、オープンドアテクノロジーズを分析していきます。 今後、オープンドア・テクノロジーズがどのようになるのか知りたい人のためになれば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 オープンドア・テクノロジーズについて1.1 オープンドア・テクノロジーズの事業1.2 オープンドア・テ ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/29

オラクル(ORCL)の株価がFY22Q4の決算を発表後に上昇。今後の見通しと割安感は?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、オラクルの今後についてまとめた記事になります。 事業の内容、決算、収益性、業界の動向からマーケットの状況、競合他社や株価にまつわる指標など様々な情報を活用し、オラクルを分析していきます。 今後、オラクルがどのようになるのか知りたい人のためになれば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 オラクルについて1.1 オラクルの事業1.2 オラクルの決算1.3 収益性について2 業界動向2.1 マーケットの状況2.2 競合他社3 オラクルの今後3.1 ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/14

景気後退やリセッションが買いの合図?米国株を買い始めるタイミングについて

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、金融引き締めによるインフレの抑制を進めている米国経済の中で大打撃を受けているハイテク株が、どのタイミングで上がるのか金利の動きなど市場の情報を元に考えていきます。 これまでは、企業の技術やマーケットの位置付けについて話をしていましたが、それだけで株式市場には太刀打ちできないのでハイテク株に関係するマーケットの動きに関しても度々、触れていくようにします。 この記事は、市場の動向やマーケットの動きなどファンダメンタルの情報をハイテクに寄った形で ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/9

自動運転の発展に必要なシステムを開発する企業は?レベル3以上の達成に必要な技術とは?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、自動運転の発展に必要なシステムを開発する企業になります。比較的に新しい企業になるので、投資をするときは長い目が必要になると思います。 今回、紹介する企業は自動運転を実現するため、車の周りの環境を認識するための技術を開発してる企業になります。 上場して、2年しか経っていない企業でかなり若い企業です。想定している以上に成長には時間がかかると思います。投資する場合には、十分考えてから実行してください。 そのときにみなさんのアイデアの助けになれば、 ...

ReadMore

米国株・ ETF

2022/6/7

クラウドストライク(CRWD)の株価がFY23Q1の決算を発表後に上昇。今後の注目ポイントは?

どーも、SANO(@sano32545300)です。 この記事は、クラウドストライクの決算から事業内容を解説し、今後どのようなポイントを意識するべきかまとめています。 業界の動向などから事業にプラスとなる要素やマイナスになる要素をまとめることで、今後注意すべき出来事を知ることができます。 皆様の企業分析に役立てば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 クラウドストライクの概要2 クラウドストライクの決算2.1 2023年1Q2.2 2023年2Q3 クラウドストライクの事業状況3.1 マーケットの需要予測3 ...

ReadMore

-米国株・ ETF
-, ,

© 2022 SANO BLOG