ブロックチェーンとは?何に使われるの?初心者や投資家のために解説します

どーも、SANO(@sano32545300)です。

今回の記事は、ブロックチェーンを初心者や投資家の方のために解説した記事になります。

仮想通貨以外に何に使われているのかわからない。そもそも仮想通貨もわからない。

そんな人のためにブロックチェーンについて解説をしています。

なお、ブロックチェーンを勉強するにあたり、下記の著書を参考にしています。

 


スポンサーリンク

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはデータの保護と信頼性を担保する技術です。

ブロックチェーン技術は、暗号化技術、コンセンサスアルゴリズム、P2P、DLTを組み合わせてできています。

 

暗号化技術

暗号化技術はブロックチェーンの仕組みを支える根幹でもあり、ブロックチェーンと呼ばれている理由でもあります。

ブロックチェーンで使われる暗号化はデータを2回ほど暗号化します。

まずは、データを暗号化することで1回、暗号化されたデータをブロックと呼ばれる単位にまとめる際に1回の合計2回になります。

そして、ブロックチェーンではブロック同士をチェーンのように繋いでデータの連続性を担保しています。

つまり、ブロックチェーンというのはデータの暗号化と管理のやり方をそのまま名前として並べただけになります。

 

なぜ、チェーンのようにデータを繋いでおく必要があるのかについては、書籍で解説してくれているので興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムは直訳すると合意の仕組みとなります。

これはブロックを作るときに、中身のデータに怪しいものはないかをチェックする仕組みです。

チェックする仕組みは、ブロックチェーンの仕組みによってやり方が様々になっています。

例えば、チェックする人全員がOKを出したらブロック化できるものもあれば、過半数のOKが出たらブロック化を認めるなどです。

 

P2Pネットワーク

P2Pは同じソフトウェアを持った端末同士を繋ぐネットワーク技術です。

これは一昔前に流行った技術で音楽や漫画の違法共有で逮捕者を出すことになったWinnyで使われていた技術です。

このP2Pは先ほど説明したコンセンサスアルゴリズムで合意するために参加者をつなぐ役割として使われたり、ブロックが生成されたことを共有する役割を持っています。

P2Pに参加した端末すべてにブロックの情報と合意させる役割を持たせることでどこかの端末が無くなっても他の端末が情報を持っているため、情報の紛失を避けることができます。

 

DLT

DLTは分散台帳の仕組みで先ほど説明した他の端末に情報を共有するための技術になります。

この情報をネットワークに参加している人全員に共有することで情報がなくなっても、他の誰かから共有してもらうことが可能になります。

 

このようにブロックチェーンは従来のシステムのようにどこか特定の場所に情報を集約して管理するのではなく、暗号化技術とネットワークの技術で分散させて情報を管理する仕組みになります。

 

仮想通貨とは?

ブロックチェーンの話をすると出てくるのは仮想通貨。

今回は仮想通貨の中でもビットコインを例に、なぜ価値が生まれているのかについて解説していきます。

ビットコインは皆さんも知っている通り、送金手数料が安い、実際にモノを買うことができるだけでなく流動性の高さから資産の構築のために利用している人もいます。

みなさんはビットコインに値動きがある理由について考えたことはありますか?

私の個人的な考えとしては、株価と一緒でビットコインを買いたい人と売りたい人の両方がいて、その両者での取引価格帯が高くなったり、低くなったりすることで値動きが発生していると考えています。

 

そんなビットコインですが、発行元は誰なんでしょうか。

株式の場合、発行元は企業になりますが、ビットコインはその発行元はいません。

強いて言えば発行元はビットコインシステムになります。

ここからは、そんなビットコインが発行される仕組みについて解説します。

 

ビットコインシステムによって、発行されるビットコインの上限は2100万BTCになります。

2030年ごろにビットコインの発行数が上限の98%に達成するという計算結果もあります。

この発行される仕組みとビットコインの管理にブロックチェーンが使われています。

管理する仕組みは前章で解説した通りになるので、これからビットコインが発行されるまでの流れについて説明します。

 

ビットコインが発行されるまで

ビットコインを受け取る最初の人は誰なのか。それは、ビットコインシステムのP2Pに参加している人たちの中でコンセンサスアルゴリズムの一員になっている人たちです。

このコンセンサスアルゴリズムに参加している人のことを「マイナー」と呼んでいます。

マイナーの仕事は世界中で取引されたビットコインの足跡のいくつかを暗号化してブロックにすることです。

このブロック化の作業をいち早くやった人に報酬としてシステムからビットコインが与えられます。

ただ、このブロック化の作業にはシステム上の課題をクリアする必要があり、課題をいち早く終わらせるためマイナーは強力なPCを買い揃えて24時間稼働させ続けているマイナーがたくさんいます・・・(笑

 

このように、ビットコインは発行元が企業ではなくシステムから発行され、需給が発生することで値段がついている資産の1つということです。ビットコインは株式と違い換金しなくてもモノを買ったり、送金できたりするという点で新しい資産ということになります。

 

ブロックチェーンのビジネス活用シーン

ブロックチェーン技術をどのようにビジネスに使うのか?

ブロックチェーンを記録がなくならないという特徴からセキュリティに使われるともよく言われています。

しかし、ITに精通した私のような人からするとわざわざブロックチェーンを使う理由がありません。現在のシステムでもそれは十分管理できますし、ブロックチェーンを使うメリットはほとんどありません。

 

ブロックチェーンの特徴はP2Pネットワークでローカルな社会を成立させられることです。つまり、業種、業界、地域などあるジャンルで括った際に新しい社会やコミュニティを形成するのに役立ちます。

 

1つ例をあげるとしたら、「地域の食品ロスの削減」も考えられます。

あるお店Aで食材が足りなくなった時に、お店Bからそれを受け取り地域で使える仮想通貨を対価として支払う。

仮想通貨を受け取ったBは、Bの店で必要になった食材を別の店から仕入れる際にその地域で使える仮想通貨を使うなど、町の八百屋、レストランと連携したローカルネットワークを作り、その中で経済を成り立たせて社会を作ることが可能になります。

他にも著書では、テレビ業界、薬品業界を例に挙げていますので興味があれば、読んでください。

 

これから投資すべきか?

これからブロックチェーン銘柄に投資をすべきかという話ですが、正直なところそこまで熱心に投資する人はいないと思います。ブロックチェーンを導入した仕組みは、BtoB向けなので皆さんの目の前には中々現れてこないと思ってください。

 

しかし、私は早めに動くタイプなので投資しちゃいます。

マーケットの規模感もCAGRが20%を超えているため、成長市場の1つとして見ても問題ないですし、少しずつ投資をしていこうと考えています。

 

 

期待している業界について

そんなブロックチェーンに関連する企業で期待している業界についていくつかまとめていきます。

 

1つは仮想通貨関連です。

仮想通貨関連では仮想通貨を購入しろではなく、仮想通貨のサービスを提供している企業たちを注目しています。

具体的には、送金サービスや販売サービスを提供している企業です。

個人的に仮想通貨の取引や手数料でお金を稼ぐ企業にさほど興味はありませんが、ビジネスとしてお金を簡単に稼げるモデルなので多少の資金は入れても良いかなと思います。

 

2つ目は、システム開発会社

システム会社はネットワーク技術から暗号化技術など様々なITスキルを保有しているのでブロックチェーンの仕組みを作ろうと思えばすぐにでも作れます。

ただのシステム会社では意味がなく、他業種・業界など幅広く精通した企業であればあるほど、地域や行政を結びつけてアプローチしやすくなると考えているので、IT業界の中でも大手SIerやITスキルの高いコンサルティング会社に期待しています。

他にも今後の社会の動きから、ブロックチェーンに直接関わることはないまでもブロックチェーン技術を使った仕組みに必要になるモノを作る業界などが思いつくのですが、ここでは割愛させていただきます。

 

関連銘柄

関連銘柄については、Noteで公開しています。

気になる方がいましたら、そちらをご覧ください。

 

いろんな観点でブロックチェーンを活用したビジネスを展開する企業をまとめています。

 

noteはコチラ

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「ブロックチェーンとは?何に使われるの?初心者や投資家のために解説します」について解説しました。

ブロックチェーンは今後、権利や経済を作る上で欠かせない技術になります。

それを使いこなせる企業にはこれからも仕事が入ってきて、売り上げも伸びていくことでしょう。

 

 

-書籍
-

© 2022 SANO BLOG