【QCLN】テスラやニオに投資できるクリーンエネルギーETFの基本情報・動向・今後について

テスラやニオに投資できるETF「QCLN」の最新動向

 

テスラ、NIO、ENPH、PLUGに投資できるETF【QCLN】について知りたい人に向けてた記事です。

QCLNの概要、価格推移から現状の分析をしています。

また、QCLNの今後の動向をまとめています。

 

さのくん

早速、紹介します

 

スポンサーリンク

QCLNとは?

QCLNとは、ファースト・トラスト・ナスダック・クリーン・エッジ・グリーン・エナジー・インデックス・ファンドの米国籍のETF(上場投資信託)です。

このファンドは、ナスダック・クリーン・エッジ米国リキッド・シリーズ・インデックスに連動する投資成果を目指しています。

 

つまり、QCLNはナスダックに上場しているクリーンエネルギーを使った事業を展開する企業で構成されていると言うことです。

構成銘柄TOP10

ブルムバーグのサイトで確認すると下記のような順序で構成比率が高いです。

  • テスラ:TSLA(8.26%)
  • ニオ:NIO(7.3%)
  • エンフェーズ・エナジー:ENPH(6.67%)
  • プラグ・パワー:PLUG(5.63%)
  • アルベマール:ALB(5.59%)
  • オン・セミコンダクター:ON(4.49%)
  • クリー:CREE(4.19%)
  • ソーラーエッジ・テクノロジー:SEDG(4.00%)
  • ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー:BEP-U(3.85%)
  • ユニバーサル・ディスプレイ:OLED(3.73%)

これらの銘柄でQCLNは53.9%を占めています。

 

また、各銘柄の代表的な事業例は以下の通りです。

  • テスラ(米):電気自動車
  • ニオ(中):電気自動車・部品販売
  • エンフェーズ・エナジー(米):太陽光発電ソリューション
  • プラグ・パワー(米):燃料電池システム・メーカー
  • アルベマール(米):特殊化学品メーカー
  • オン・セミコンダクター(米):半導体メーカー(IC)
  • クリー(米):電子部品メーカー(回路素子)
  • ソーラーエッジ・テクノロジー(イスラエル):太陽電池のモニタリング用ソリューション
  • ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー(カナダ):電力会社(水力資源からのみの発電)
  • ユニバーサル・ディスプレイ(米):ディスプレイ

事業ごとの割合も抽出してみました。

QCLNは電気自動車、太陽電池関連のニュースに敏感だとわかります。

  1. 電気自動車(15.5%)
  2. 太陽電池(10.6%)
  3. 半導体(8.6%)
  4. 燃料電池(5.63%)
  5. 電力会社・化学メーカ・ディスプレイ(13%)

特に電気自動車や太陽電池は、半導体の塊ですから現在の半導体不足はQCLNとしてはかなりマイナス影響となります。

他の銘柄については、このサイトで確認できます。

 

さのくん

半導体不足の影響は、多方面に響くんだね〜

 

QCLNの1ヶ月の動き

 

 

3月は、76.77から始まり、68.70と11.6%大きく下落しました。

特に、3/3-3/8にかけて大きく下落しました。

注目度が高い分、金利の急上昇のダメージが大きかったといえます。

 

QCLNに関連する3月ニュース

3/3-3/8で構成銘柄に直接的に関わるニュースを確認してみました。

半導体に関して、中国有利というニュースはありましが、特に大きなニュースはありませんでした。

  • テスラ:なし
  • ニオ:なし
  • エンフェーズ・エナジー:なし
  • プラグ・パワー:なし
  • アルベマール:なし
  • オン・セミコンダクター:なし
  • クリー:第三世代半導体について中国政府から強力な支援を受ける企業に出遅れる(3/3)
  • ソーラーエッジ・テクノロジー:なし
  • ブルックフィールド・リニューアブル・エナジー:なし
  • ユニバーサル・ディスプレイ:なし

下落の原因は3月の総括として下記の記事で書いているのですが、金利の急上昇によりクリーンエネルギー銘柄にも影響があらわれています。

 

なお、他のセクターETFの株価推移をまとめた記事があります。

まとめて動きを見たい場合は、こちらを参考にしてください。

 

さのくん

グロース株には、風当たり強い月だったね。

 

影響を及ぼす出来事まとめ

今回は、金利影響を追加しました。

・金利急上昇で大きく下落(2021.3)

 

QCLNの今後の動き

QCLNは、冒頭にも書いた通り、構成比率top10の影響が大きい銘柄になります。

特に電気自動車、太陽光発電に依存度が強いです。

 

ただクリーンエネルギー銘柄は、アメリカ、中国の超大国で国策となっている動きからもこれからかなりの期待ができます。

個別銘柄での保持も良いですが、ETFで長期投資をするのも良いと思います。

ITカンパニーよりはパフォーマンスが出るような気がするので私もシフトするか検討しています。

 

さらに、直近のニュースでクリーンエネルギー銘柄のパフォーマンスがS&P500をアウトパフォーマンスをしているのでこれからも期待できると思います。

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20210303/biz/00m/070/003000d

 

さのくん

免税制度がバンバン出てきてることも後押ししていきそうだね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【QCLN】テスラやニオに投資できるクリーンエネルギーETFの構成銘柄・最新ニュースまとめ」について紹介しました。

QCLNにこれから投資をする人、すでにしてる人にとってためになったのではないでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

▼QCLNに投資できる証券会社

・楽天証券

楽天証券


・マネックス証券

マネックス証券

 

▼QCLNを構成する個別銘柄に「1000円から投資」ができる

・paypay証券

PayPay証券

表紙_プログラミングスクールに通うべき理由

スキルアップ

2021/5/11

未経験からエンジニア転職したい人にプログラミングスクールをおすすめする理由をIT企業エンジニアが解説

エンジニアに転職する上でプログラミングスクールに行くべきか悩んでしまいますよね? そんな悩みに対して、現役エンジニアである私がプログラミングスクールに入ることの大切さをまとめました。 この記事はIT未経験の人に向けた記事になります。   さのくん 最後までご覧ください。 スポンサーリンク 目次1 エンジニアの仕事とは2 エンジニアに求められるスキルとは2.1 プログラミングスキル2.2 要件整理3 プログラミングスクールがおすすめの理由4 まとめ エンジニアの仕事とは まずは、エンジニアの仕事を ...

ReadMore

表紙_エポスカード発行するなら「ハピタス」-2

ポイ活

2021/5/7

エポスカードをお得に発行できるポイントサイト「ハピタス」とは?

  エポスカードを発行する際に、できるだけお得に発行したいですよね。 そんな時によく利用されるポイントサイトですが、たくさんサイトがあるため比較するのが大変です。 今回は、様々なポイントサイトを比較した上でお得にエポスカードを発行できる「ハピタス」をご紹介します。 さのくん 具体的な数値で比較してるよ〜   スポンサーリンク 目次1 エポスカードとは2 ポイントサイトとは3 ハピタスとは4 ハピタスがお得な理由5 まとめ エポスカードとは エポスカードは、株式会社丸井のクレジット会社が ...

ReadMore

表紙_投資初心者が読むべき3つの書籍

書籍

2021/5/7

投資初心者が投資を始める前に読むべきおすすめの本を3つ選びました

  投資を始める上でいきなり始めるのって難しいので、書籍を買って読むことから始めると思います。 ただ、世の中にはたくさんの本が出回っており何から読めば良いのかわからないなんてこともあると思います。 そんな人のために、私が投資を始める前に読んだ本、始めてから読んだ本の中から初心者のためになる本を選びました。   さのくん 早速、ご覧ください!   スポンサーリンク   目次1 投資をするまでの流れ2 余剰資金を作る考えを身につける書籍3 商品の種類や特徴がわかる4 商 ...

ReadMore

表紙_トライオートETF

トライオートETF

2021/5/2

【2021年4月】トライオートETFのTQQQを無限ナンピンで自動売買させた運用実績

  トライオートETFって実際どうなのか疑問に思う方もいると思います。 そんなトライオートETFの商品の中でもTQQQを使った商品を身をもって体験した実績を紹介します。 私がトライオートETFを使ってる目的は、資産形成ではなくQOL向上のためです。 稼いだお金は自分のために使いたいと思います。   さのくん 早速、ご覧ください!   スポンサーリンク 目次1 2021年4月の実績2 トライオートETFを始めた理由3 稼働させる商品の基準4 まとめ 2021年4月の実績 早速、 ...

ReadMore

表紙_大型新興国グロース株ETF「VWO」の基本情報と今後

米国株・ ETF

2021/4/14

【VWO】テンセント、TSMCなど新興市場に投資できるETFの基本・推移・今後について

  テンセント、アリババ、TSMCなど中国や南アフリカなど新興市場に投資できるVWOについて知りたい人のための記事です。 VWOの基本、1か月の価格推移や過去の出来事をアーカイブしています。 また、VWOが今後についての意見を最後にまとめています。 投資をする上での参考にしてください。   さのくん 早速、紹介するよ〜   スポンサーリンク 目次1 VWOとは?1.1 構成銘柄TOP102 VWOの1ヶ月の動き2.1 影響を及ぼす出来事まとめ3 VWOの今後の動き4 まとめ ...

ReadMore

-米国株・ ETF
-, ,

© 2021 SANO BLOG