ビットコインが換金・交換・還元されるコインチェックの公共料金サービスについて徹底解説

表紙_コインチェックの公共料金サービスでビットコインをゲットして料金の削減も実現

 

ビットコインが交換・換金・還元できるサービスや方法がないか探してませんか?

そんなビットコインを手に入れるサービスが仮想通貨取引所のコインチェックにあります。

今回は、ビットコインを無意識に貯められるコインチェックの公共料金支払いサービスについて紹介します。

 

さのくん

早速、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

コインチェックの基本情報

コインチェックは、仮想通貨取引所をサービスとして提供している企業です。

少し前にネムが盗まれてしまい大損害を起こしたとでも有名かと思います。

 

さて、そんなコインチェックの基本情報をまとめました。

取引所入金手数料(振込)入金手数料(即時) 出金手数料販売所手数料スプレッド送金手数料(BTC)
GMOコイン無料無料無料無料約1%無料
coincheck無料770円400円無料約2%0.001BTC
bitflyer無料330円3万未満:220円
3万以上:770円
無料約3%0.0004BTC

 

コインチェックは様々な場面で一番安いとも言えない手数料を取るため、ベストとはいかないベターな取引所なのがわかります。

出金手数料やスプレッドも2番手という感じです。

 

さのくん

ふむふむ、普通が一番の人には良いかもね。

 

コインチェックの公共料金サービス

そんなコインチェックですが、日常で利用するでんき・ガス代を支払うことでビットコインを還元してくれるサービスがあります。

現行のでんきやガスの支払いサービスをコインチェックが提供するサービスに切り替えるだけで利用できます。

 

この公共料金支払いサービスの特徴は「支払い後にビットコインをもらう」か「あらかじめ購入したビットコインで支払うか」のどちらかを利用できる点です。

還元は前者で支払い料金の1~7%がビットコインとして還元されます。

後者の場合は、支払い金額の1~7%を割引いた料金をビットコインで支払うことになります。

 

なお、還元率・割引率は、公式サイトによると地域やワット数などでかわるようです。

▼割引率

コインチェックでんき

でんき料金表

 

コインチェックガス

 

利用ガス料金

 

さのくん

サービスの利用開始するだけで電気代が下がるのね!

 

▼口座解説はこちら

コインチェック

 

 

コインチェックの公共料金サービス利用までの手順

サービス利用までの手順ですが、公式サイトを見ると下記の手順をするだけで良いそうです。

利用手順

また実際にお得になるかどうかは、シミュレーションをしてみましょう。

下記のURL右上にシミュレーションボタンあります。

https://coincheck.com/ja/denki

 

コインチェックの公共料金サービスのメリット

コインチェックの公共料金サービスのメリットをまとめました。

 

ビットコインはポイントよりも価値がある

最近、他社の公共料金サービスにも利用料金分のポイントが還元されるサービスなどが増えてきています。

ただし、ポイントは1pt=1円の価値しかなくそれ以上増えていきません。

また、昨今ではポイント制度の改悪が横行しているのでポイントに全振りするのも考えものです。

 

コインチェックでビットコインが還元されるということは、1000円分の還元が将来的に1500,2000円になるので等価のポイントより価値が高くなる可能性があります。

さらにビットコインは現金化できるため、利用範囲が限られるポイントよりも利用価値は高いといえます。

 

ポイントの場合、様々な変換処理を通して現金化ができても還元率が下がってしまうケースがあります。

そのため、価値のあるビットコインを積極的に獲得した方がメリットがあります。

 

意識しないでも資産が増える

公共サービスは、みなさんが生活する上でなくてはならないものです。

支払いをする際に、クレジットカード引き落としにしている人も多く、獲得したポイントを特に意識せずにそのまま放置してる人も多いと思います。

 

元々あるのかないのか意識してないポイントをビットコインの還元に変えるだけで、結果的に現金化できる資産が増えていきます。

 

さのくん

日々の生活でポイント全振りするのではなく、現金に換えられる資産を貯めることも大事

 

コインチェックの公共料金サービスのデメリット

ただ、世の中良い話ばかりではないです。

しっかり、良し悪しを見極めた上で利用しましょう。

 

資産価値の減少リスク

資産が増えるということは、資産が減る可能性があるわけです。

ビットコインは歴史的な高値になっており、現在は期待感が高く価格も高い状態でバブルとも言われています。

 

しかし、ビットコインは将来的に40万ドルになるとも言われており、目先の下落は気にしなくて良いと思います。

実際、多くのアメリカ企業ではドルではなくビットコインを保持する企業が増えてきていることからも、ビットコインは上下を繰り返しながら上昇すると考えられるので忘れるぐらいがちょうど良いと言えます。

利用できる地域に制限がある

コインチェックでんき・ガスには利用できる地域とできない地域があります。

公式ページによると、下記の地域は利用できないみたいです。

▼コインチェックでんき

サービス利用不可能な地域

 

▼コインチェックガス

ガス利用地域

 

さのくん

ポイント制度の改悪を考えると、還元されるモノに多様性を持たせることも大切だね。

 

コインチェックのその他の注目サービス

コインチェックには公共支払いサービスの他にもサービスがいくつかあります。

コインチェックアンケート

アンケートに答えるだけで対象の仮想通貨をもらえるサービスです。

マクロミルというサイトを使って、交換をするそうです。

https://coincheck.com/ja/survey

コインチェックアンケート

 

さのくん

これもポイ活みたいなもので、貯めたポイントを仮想通貨に換えられます。

コインチェックつみたて

このサービスは、毎月または毎日というスパンでビットコインなどの仮想通貨を積立購入できるものです。

このサービスのメリットとしては、公共利用サービスにおいてビットコイン支払いをしている場合に効果が出てくると思います。

 

例えば、毎月3,000円でんき代に支払っている人が、毎月3,000円でビットコイン積立を始めたとします。

1 ヶ月後にビットコインが2%上昇した場合、資産が3,060円になります。

さらに、ビットコイン支払いの場合は1-7%の割引になります。

このことから、実際は3-9%ほど公共料金が安くなります。

 

ここまで料金が安くなるサービスはないと思いますし、1か月後に2%以上の値上がりも今のビットコインなら全然あり得ます。

公共料金の削減にかなり有効活用できます。

https://coincheck.com/ja/reserves_lp

 

さのくん

逆に1%以上ビットコインの価格が下がった場合、公共料金が高くなるので注意しよう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「ビットコインが交換・換金・還元されるコインチェックの公共料金サービスについて解説」について紹介しました。

コインチェックの様々なサービスを利用すれば、ビットコインによる資産を増やしつつ生活費の削減に利用できると思います。

まだ口座を持っていない人は「コインチェック」の口座から開設から始めてください。

▼口座開設はこちら

コインチェック

-仮想通貨
-, , ,

© 2021 SANO BLOG